キノの日記

のんびり、まったり、ミニマリストを目指しています。夫婦で目指すシンプルライフや、旅の情報について綴っていきます。

東京大神宮のウエディングフェアに行ってきた

こんにちは、キノの日記です!

結婚式場、ホテルのブライダルフェアいに行った結果、やっぱり神社での結婚式がいいと思い、神社の見学に行ってきました。

 

余談になりますが、近くで食べたランチがとても美味しかったです。

八車というところなのですが、お手頃でいい感じでした♪

 

東京大神宮に行こうと思った理由

東京の神社は詳しくありませんが、まずは東京大神宮に行ってきました。

伊勢神宮へと後日結婚の報告に行こうと思っているので、伊勢神宮の分社である東京大神宮に行くのがまずは王道かな、と思っての訪問です。

ウエディングフェアでは、普段は入れない神殿の中まで見せていただけました。

御祈祷とかしてもらわないとは入れないところなので、とても貴重な経験をさせてもらった気分です。

 

f:id:kino_cafe:20210125173429j:plain

 

東京大神宮での挙式について

神社の中はとてもきれいで、本殿には空調も完備されているそうです。

社殿そのものが新しい雰囲気でした。

 

披露宴会場は、神社のすぐ隣にあって、外に出ずに移動できます。

渡り廊下のところに箱庭みたいなところがあって、そこでの写真撮影もできるそうです。

披露宴会場は大人数に対応しているお部屋しかないため、10名程度の場合は金屏風等で仕切って使用する感じになるそうです。

金屏風で仕切って食事会というのが、なんともチープな感じがしてしまいました。

 

気になる見積り!!

気になるお見積りは、100万円以内でギリギリ収まる感じでした。

白無垢は用意してもらい、ウエディングドレスを持ち込む場合は、持込料や、白無垢から着替えるときのヘアーメイクも別途追加となるようです。

装花を最低限にして、引き出物と招待状をなくした状態で、100万円以内という感じです。

 

まとめ

結婚式場とホテルが100万円を余裕で超えていたことを考えると、これはとてもリーズナブルです!

その一方で、食事の内容については神社に併設されている披露宴会場なので期待できないんじゃないのかな、というのが正直なところです。

 

調べていくと、神社で挙式を行い、レストランや料亭で披露宴を行えるところもあるようなので、その方向で再度調べることにしました。

 

新婚生活で購入したもののうち、良かったものだけをご紹介しています下矢印